簡単予備知識


1.キャッシング

キャッシングとは無担保で、 金融機関から目的自由な融資を受けることです。

2.審査

無条件で融資を受けれる訳ではありません。
融資を受ける前に必ず審査があります。
そしてこの審査よって限度額と融資の不可が決まります。

3.基本的な審査内容

●年齢
●職種
●定期的収入の有無
●他社借入状況
※主婦の方の場合は、家族に定期的な収入 が有るか無いかを審査します。

4.利息

利息は、借入残高に対して 利用した日数分だけを計算するので、 早く返済するほど少なくて済みます。
5.利息の計算方法

借入残高×年利÷365
└─1日の利息─┘

1日の利息
×利用日数=利息

※ 借入当日は利用日数に含まれません。
※ 1円未満は切り捨て

利息計算・例
実質年率18.00%のコースで30日間、利用した場合

《1万円の借り入れだと》
借入残高1万円×0.18÷365日
  └─ 1日の利息 ──┘
1日の利息×30日=利息147円

《10万円の借り入れだと》
借入残高10万円×0.18÷365日
  └── 1日の利息 ──┘
1日の利息×30日=利息1,479円

6.遅延損害金

返済に遅延が出た場合 遅延損害金を支払わなければなりません。
企業別に利率が違うので、事前に チェックして置きましょう。
※出資法に基ずき上限は年利29.2%

7.上手な利用法

金利計算を見ても解るように
必要な分を必要な期間だけ 借入れる事を心がけましょう。
これだけで返済が、かなり楽になります。
8.多重債務

一般的に毎月の返済金額が収入の20%を超えると 多重債務に陥り易いと言うデータがあります。
この事から安易な借入れは避けて、返済可能な範囲内 (目安として毎月の返済金額が収入の20%内) で利用しましょう。

またすでに返済するためだけに新たなキャッシングを 繰り返している方は、手遅れになる前に 各相談窓口や消費生活センターに相談してみましょう。
適切なアドバイスやカウンセリングを 無料で受ける事が出来ます。

※すでに多重債務に陥ってしまっている方も、 まず各相談窓口や消費生活センターに相談しましょう。

9.上手な企業選択

近年キャッシングを利用する人が増加した事で、 数多くの企業がキャッシング事業に参入しています。 その為、企業・サービス共に数が多く、 なかなか自分の条件に合ったサービスを探すのが 困難です。
そこで当サイトは、少しでも良い条件の 金融会社を選んでいただきたいと考え、 企業・キャンペーン・サービス別の 早見表を作成しました。
是非、お役立て下さい。
金融TOPへ戻る
(C)【携帯生活】